Menu

フランスの撮影監督サビーヌ・ランスラン
を迎えた上映会&トークショー

~現代の映画では、どのような技術がどのような美学に可能であるか~

2019年10月20日(日)17時

フランス映画界においてもっとも重要な撮影監督のひとりであるサビーヌ・ランスランは、マノエル・デ・オリヴェイラやシャンタル・アケルマン、ラウル・ルイスら独特な美学を持つ偉大な映画監督たちと共に映画作りを行ってきました。

マルセル・プルースト原作、シャンタル・アケルマン監督による傑作『囚われの女』の上映後、サビーヌ・ランスランをお迎えし、それぞれの監督たちとの仕事、どのように彼らの世界観や美学的要求に撮影技術によって応えることができるか、お話をお聞きします。

撮影監督サビーヌ・ランスランが自らの視線で映画を語り、その魅力を発見、再発見させてくれます。撮影監督という仕事がどのように映画製作に関わっているか?が明らかになる貴重な機会となるでしょう。

『囚われの女』

(ベルギー、フランス/2000年/108分)

監督:シャンタル・アケルマン

出演:シルヴィ・テスチュ、スタニスラス・メラール、オリヴィエ・ボナミなど

©DR

サビーヌ・ランスラン

フランス人撮影監督

マノエル・デ・オリヴェイラ、シャンタル・アケルマン、ラウル・ルイスら数々の名匠たちの作品を手がけてきた。
フランス国立映画学校(FEMIS)撮影部門ディレクター。

Event infos

日時: 2019年10月20日(日)17時

会場: アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ

イベント名: フランスの撮影監督サビーヌ・ランスランを迎えた上映会&トークショー ~現代の映画では、どのような技術がどのような美学に可能であるか~

共催: 東京藝術大学大学院映像学科

協力: シネマテーク・フランセーズ、ベルギー王立シネマテーク、山形国際ドキュメンタリー映画祭

料金:

  • 一般料金:1,200円、
  • 割引料金(学生など):800円、
  • 会員:500円

〒162-8415
東京都新宿区市谷船河原町15

03-5206-2500

Sign up to get the last news and discount !

17-21 October 2019

Music x Dance x Bistronomy x Cinema

Catastrophe

QUE CROYONS-NOUS ?

Dans un monde où tout est en l’air, Catastrophe danse.

Un monde s’achève et tout tremble, mais dans la nuit nous puisons des forces.

Plutôt que la résignation, nous traquons la joie.

Le monde est un laboratoire, pas ce paysage inerte et désolé pour lequel il passe.

Essayons encore, ratons mieux.

Tout change à chaque instant : c’est une chance.

QUI SOMMES NOUS ?

Catastrophe est un mouvement engagé à Paris en 2015 par une dizaine de jeunes gens.

QUE FAISONS-NOUS ?

Sur scène, en musique, par le texte et les idées, par l’image et la vidéo, par la danse, nous imaginons des choses.

Catastrophe(カタストロフ)

絶え間なく変化し続ける音楽シーンに突如革新的アイコンとして登場したカタストロフ。

2015年に活動開始、ジャンルレスな音楽性を持った12人の若者によるエクスペリメンタルアーティストグループとしてBertrand Burgalat主宰のChassolも所属するフランスレーベルTricatelから、フレンチアバンギャルドとも称される個性的な存在感を放っている。

彼らはKamasi Washington Aquasergeであったり、社会的ヒップホップを歌うケンドリックラマーのインプロビゼーションや実験的な音楽と同じ情熱を掲げ活動しているユニークなグループである。

音楽、テキスト、画像、ビデオ、ダンスでその表現方法は様々で、カタストロフは人々の現実的思考の裏に存在する事をパフォーマンスを通して表現しようとしているまさにマルチアーティスト集団である。

現に彼らはこれまでに音楽作品だけでなく、二つのエッセイを発表してきた。活動開始から間もない2016年に話題となる

Liberation』、翌年9月には『La nuit est encore jeune』そしてその数か月後に同タイトルの待望のファーストアルバムをリリース。音楽とリテラルな内容を融合させた作品を発表してきた。

2018年には2枚目となるEPSATELLITES』をリリースしその活動に注目が高まる。

Leonard Lasry
(レオナルド・ラスリー)

1982年にパリに生まれ、10歳のころには作曲を始める。2006年にファースト・アルバム『Des Illusions』を発表。その才能は、フレデリック・ボトンやミシェル・ルグラン、ジャン・クロード・ヴァニエらとも比較されるほど。HUGO BOSSValentinoCartierDiorといったハイ・ファッション・ブランドの数々ともコラボレーションを果たしており、これまでに、映画、ファッション、コンテンポラリー・アートなどあらゆる作品におけるサウンドトラックを創り出して来た。2017年には最新アルバム『Avant la premiere fois』を発表。あらゆる時代のポップ・ミュージックを消化したようなメロディアスな楽曲の数々は、各方面から高い評価を得た。また、実兄のティエリー・ラスリーはラグジュアリー・サングラス・ブランドの<THIERRY LASRY>を展開している。

Léonard Lasry

Né en 1982 à Paris, Léonard Lasry compose ses premiers morceaux à l’âge de 10 ans. Son premier album “Des illusions” sort en 2006.  Cet opus est souvent comparé aux chef-d’oeuvres de Frédéric Botton, Michel Legrand ou Jean-Claude Vannier. Aujourd’hui il collabore avec des maisons telles que Hugo Boss, Valentino, Cartier, Dior et explore la musique pour le monde de la mode, l’art contemporain et le cinéma. En 2017, il présente son nouvel album “Avant la première fois”. Celui-ci interpelle par sa signature mélodique, faisant le lien entre une pop légendaire et la chanson d’aujourd’hui. Enfin avec son frère Thierry, Léonard a développé la marque de lunettes de soleil haut de gamme <Thierry Lasry>.

Kiddy Smile

Le talentueux Kiddy Smile est notamment connu pour sa mise en avant du mouvement new-yorkais du voguing sur la scène parisienne ainsi que pour son militantisme LGBT.
En août 2016, il publie le EP (mini-album) Enough of You, dont l’esthétique s’inspire de la house des origines, née au sein de la communauté noire et gay du Chicago des années 1980, ainsi qu’à son excroissance acide. Un soir, son titre phare, Let a Bitch Know passe lors d’une soirée où se trouve le directeur artistique de Defected – un des labels de house les plus reconnus. Celui-ci décide de signer Kiddy Smile.
Kiddy Smile s’implique au sein de la « ballroom scene » parisienne, créée par Lasseindra Ninja et Stéphane Mizrahi il y a une dizaine d’années. Lors des « balls », les membres de cette communauté participent à des compétitions de voguing, une danse inspirée par les poses des mannequins du magazine Vogue, qui s’est développée parmi la population transsexuelle noire de New York dans les 1960, avant de prendre de l’ampleur à la fin des années 1980. Chaque groupe de vogueurs se regroupe dans une « house », qui fait office de seconde famille. S’il a délaissé la danse, Kiddy Smile représente tout de même sa « house » aux « runways », l’une des nombreuses catégories des « balls », qui consiste à défiler avec panache, comme sur un podium.
En aout 2018 son album “One Trick Pony” sera dans les bacs.

Clara Luciani

Elle est née dans la même ville que Zinedine Zidane et n’exclut pas un duo avec Jul.
Arrivée à Paris à l’âge de 19 ans, Clara Luciani, dont le nom signifie « petite lumière » en Corse, commence à travailler avec La Femme avant de lancer le duo Hologram avec Maxime Sokolinski, le frère de la chanteuse Soko. La jeune femme à la voix grave collabore ensuite avec Nouvelle Vague, Raphaël ou encore Benjamin Biolay, dont elle a assuré quelques premières parties, avant de gagner le concours des Inrocks Lab et de se lancer en solo. Après un featuring avec Nekfeu sur son album «Cyborg», son premier EP « Monstre d’amour » sort en avril 2017. Un an plus tard, son premier album « Sainte-Victoire » occupe la première place du chart iTunes en France et son clip « La grenade » dépasse rapidement le million de vues.

Cézaire
(Roche Musique)

Cézaire, influencé par le hip-hop, la G-Funk et la New Disco, lance le label indé parisien “Roche Musique” en 2012. Il en est aujourd’hui le directeur artistique et producteur, dénicheur des stars de la French Touch de demain.

Darius
(Roche Musique)

Inspiré par le funk et le disco, Darius a le don d’ajouter un zeste de complexité dans sa musique qui le place aisément au même niveau que des Cassius ou des Daft Punk. Après 2 superbes EP, « Velours » et « Romance » son premier album « Utopia » sort en 2017. Aujourd’hui la « patte Darius » est apposée sur de nombreux remixes et le monde entier se l’arrache.

Kartell
(Roche Musique)

Kartell signe son premier EP “Riviera” chez Roche Musique en 2012. Depuis il évolue dans un univers musical influencé par la house et le R’N’B qui est devenu sa marque de fabrique. Entouré de ses amis de Roche Musique, il avance petit à petit sur tous les continents et contribue au revival de la « French Touch » sur la scène de la musique électronique.

IKAZ BOI

Le phénomène hip-hop/beat maker made in France. Ses nombreuses compositions pour les grands noms de la scène hip-hop française font résonner son nom outre-Atlantique et au-delà. On retrouve sur son album « Brutal » sorti en juin 2018 des artistes japonais comme KOHH et Loota.

CHASSOL

Chassol a pour objectif d’harmoniser le réel, la vie, le monde, tout ce qu’il rencontre, tout ce qui lui parle. Harmoniser le réel, c’est partir d’une image l’intéressant dès lors qu’elle produit un son : Chassol la duplique, joue avec le montage pour créer un motif rythmique et visuel, harmoniser les sons ainsi créés et produire un véritable objet filmique et musical.

The Blaze

Formé par les cousins Jonathan et Guillaume Alric, The Blaze est un duo français qui intrigue autant qu’il fascine. Si Guillaume se consacrait déjà à la musique, Jonathan lui se destinait plutôt au cinéma. C’est en se retrouvant sur un projet de clip pour Guillaume, que va naître le projet The Blaze. L’idée d’associer musique et image va ainsi s’imposer assez naturellement aux deux cousins. Le premier choc ce sera en 2016 la parution du clip « Virile ». Dans cette ode à l’amitié masculine, on voit deux garçons danser et fumer des joints dans un appartement, quelque part dans une cité de banlieue. Ils dansent sur une musique vibrante et moderne entre house/techno et soul, une musique sombre et entêtante, qui colle parfaitement aux images, à moins que ce ne soit l’inverse… The Blaze vient de trouver un style qu’il confirme dans son premier album « DANCEHALL » qui sortira en septembre 2018.

CHASSOL(シャソール)

ピアニスト兼作曲家。1976年、カリブ海に浮かぶマルティニーク島(フランス領)にルーツを持つ両親のもとに生まれる。4歳の頃からピアノを学ぶなどして音楽に親しんでいたシャソルは、ボストンのバークリー音楽院ヘ留学し、その後、映画音楽の制作やオーケストラの指揮者などを手掛け、音楽家としてのキャリアをスタートさせる。
2004年にはフランスを代表するロック・バンド、フェニックスや、セバスチャン・テリエらのツアーに参加。その後、シャソルはフィールド・レコーディングにワールド・ミュージックやヒップホップ、ミニマル・テクノなどのエッセンスを融合し、独自の音楽を創り上げていった。世界中を旅して現地の人の話し声や鳥のさえずりなどを巧みにサンプリングし、新たなメロディやグルーヴを生み出していった。
映像とシンクロさせながら演奏するライヴ・パフォーマンスにも定評があり、これまでの来日公演も、どれも好評を博している。

IKAZ BOI(イカズ・ボーイ)

今、フランスでもっとも勢いのあるヒップホップ・ビートメイカー。約8年前からビートメイキングを学び、エレクトロとトラップ・ビートを融合させたスタイルが特徴的。フランスの有名ラッパーらへの楽曲提供を経て、今ではUSのラッパーからも注目される存在に。20186月にはアルバム『Brutal』をリリースし、日本からもKOHHとの活動で知られるMCLootaが参加している。

Kartell (Roche Musique)
(
カーテル、ロッシュ・ミュージック)

2012年にRoche MusiqueよりEPRiviera』をリリースしたカーテル。ハウスやニュー・ディスコやR&Bのエッセンスを取り入れたカーテルのシグニチャーなサウンドは、すぐに世界中のリスナーを虜にした。フランスはもとより、ヨーロッパ、アジア、北米アメリカでのツアーも成功させ、カルマ・キッドやリアン・ラ・ハヴァスらとのコラボレーション楽曲も発表。エレクトロ・シーンにおける、新たなフレンチ・タッチの騎手として注目を集める。

Darius (Roche Musique)
(
ダリウス、ロッシュ・ミュージック)

ハウスやディスコ、そしてカシアスやダフト・パンクの雰囲気も感じさせるサウンドに定評があるダリウス。『Velour』、『Romance』と2枚のEPをリリースし、2017年には実力派ヴォーカリストらもゲストに招いた1stフル・アルバム『Utopia』をリリース。J・ディラ以降のヒップホップ・スピリット、デジタル・ダンスホール、2000年代初期のUKブレイクビーツに90年代のブリストルの香りも漂うサウンドを、ひと息にそして爽やかに描き出みせた。KITSUNE NIGHTMODERN DISCOといった日本の人気パーティーにも参加している。

Cézaire (Roche Musique)
(
セザール、ロッシュ・ミュージック)

ヒップホップ、G・ファンク、ニュー・ディスコなどに影響を受け、友人であるFKJらとともに2012年、Roche Musiqueを立ち上げる。フレンチ・タッチ・ムーヴメントの新たな火付け役としても注目を集め、DJの他にも、アート・ディレクターなども手掛けるマルチ・クリエイター。

セバスチャン・テリエやケイトラナダらとも共演歴を誇る。

Clara Luciani(クララ・ルチアーニ)

1992年、マルセイユ生まれ。身⾧182cm5年前にギター1本を抱えてパリへ上京。一緒に仕事をしていたSOKOの弟に紹介され、「サンローラン」のキャンペーンに起用されたフロントマン、マーロン率いる注目のエレクトロ・サーフバンド、ラ・ファムのヴォーカリストとして抜擢される。加えて、日本でも絶大な人気を誇るバンド・プロジェクト、ヌーベル・ヴァーグでもヴォーカルを担当。幅広い活動を続けている。また、クララの衣装はクロエから提供されることもあり、別称<パリのクロエ・ガール>とも呼ばれる存在。憧れているのは、パティ・スミスやフランソワーズ・アルディ、ジェーン・バーキン。2017年にEPMonstre d‘Amour』をリリース。「シャネル」や「ケンゾー」のキャンペーンに起用されたシャトー・マルモンなど、気鋭のミュージシャンが揃うグラン・ミュージック・マネージメントに所属し、201846日にデビュー・アルバム『SAINTE – VICTOIRE』をリリースし、フランスのiTunesチャートでは総合チャート1位を獲得。MVLa Grenad」はYoutube上で100万回以上の再生回数を記録。ほか、ELLEVOGUEといった人気ファッション誌でも軒並みフィーチャーされ、同年代の女性を中心とした支持の厚さを証明している。

Kiddy Smile(キディ・スマイル)

キディ・スマイルは、パリの南東部に位置するイヴリーヌ県ランブイエの公団住宅(プロジェクト)で生まれた。決して恵まれたとは言えない幼少期だったが、キディはダンスに楽しみを見出していく。
やがてキディはジョージ・マイケル「An Easier Affair」のMVなどに出演するようになり、拠点をパリへと移してダンスのレッスンなど受けるように。
音楽アーティストとして活動する前はファッション・スタイリストとして活躍していたキディ。
音楽の影響は幅広く、ゴスペルやヒップホップから90年代のシカゴやデトロイトの音楽、そしてNYのボールルーム・シーンで花開いたヴォーギングなどに影響されたという。
「フレンチ・プリンス・オブ・ヴォーギング」の異名を持つようになるキディは、自身が手掛けていたパリのパーティーでBALMAINのデザイナーとしても知られるオリヴィエ・ルスタンと出会い、BALMAINのサウンドを手掛けてほしいとオファーをもらうまでに。
2016年にはシングル二曲「Teardrops In The Box」、「Let A B!tch Know」をリリース。ゲイであり、黒人であることを大胆に誇るキディのアティチュードは広く支持を集め、LGBTコミュニティのリーダーとしての顔を持つ。
また、2018年のカンヌ映画祭でお披露目されたギャスパー・ノエ監督の最新作『Gaspar Noe’s ‘Climax』にも出演を果たした。2018年8月に、デビュー盤となる『One Trick Pony』を発売予定。

The Blaze(ザ・ブレイズ)DJ Set

ジョナサンとギヨーム、二人の従弟からなるフランスの音楽ユニット。
二人とも、音楽プロデューサーであり、映像監督としての顔も持つ。
2016年にBromance Recordsから発表されたコンピレーション作品『HOMIELAND 2』に収録された「Virile」という楽曲が、The Blaze名義としての処女作。その後、二人は人気シューゲイザー・ポップ・バンドのM83といったアーティストのリミックス・ワークなどを手掛けていくようになる。
2017年2月に発表されたMV「Territory」は、世界3大広告賞の一つと言われるカンヌ・ライオンズ賞にて、MVとしては史上初となるグランプリを受賞。また、ベルリン・ミュージック・ヴィデオ・アウォーズでは最優秀監督賞を受賞するなどして、世界を沸かせた。
2017年の初夏より、ザ・ブレイズはツアーを開始。すでにジャスティス(JUSTICE)のオープニング・アクトを務め、Way Out FestやPitchfork Festivalなどの大型フェスにも出演済みだ。2018年に入ってからは、4月に行われたCoachellaを皮切りにワールド・ツアーをスタートさせている。
彼らのステージは、音楽と映像を組み合わせた非常に印象的なもので、かつ彼らの詩的な魅力を具現化したものだ。
果てしなく広がるザ・ブレイズの世界は、まだまだ始まったばかり。
2018年9月には待望のデビュー・アルバム『DANCEHALL』をリリースする。
なお今回はDJ setでの来日となり、要注目のプレイとなる。

Menu
Menu